初めて猫を飼ってみた。

初めて猫を飼ってみた。

猫はほんとに可愛いです。

気ままに寝ている姿、マイペースな性格、気分によって振り回されるのも一興。

可愛いところを上げるときりがないです。

しかし私は人生で動物を飼ったことが無くて、縁もゆかりもありませんでした。

そんな私が妻の影響もあり、保護猫の里親になれたのでその経緯を書きます。

 

 

そもそも、なんで猫を飼いだしたかというと

妻が大の猫好きで、結婚したら猫が飼いたい!という要望もあったので

生活が落ち着いたら飼おうかな~。と最初は思っていました。

しかし、いざ猫の情報を集めだすと猫の魅力にひかれてどんどん引き込まれていきました。

そして最終的には自分のほうが猫を飼いたくなってきてしまい

どうせなら一緒に住むときには猫も飼いたい!となって猫の飼い主になるべく動き始めました。

 

 





・なんで保護猫の里親を選んだか

とりあえず、猫を飼うとなったときにペットショップで買うということは思いつきませんでした。

それは、妻の実家の猫が保護猫であること。

友達が飼っている猫も保護猫とういうこと。

つまり私の周りで猫を飼っている人が、ペットショップで買っていないのです。

そうなると私も自然と、猫を飼うなら里親になればいいんだ!と勝手に考えてしまいます。

そもそも命の売り買いは好きじゃないので、ペットショップで買うのは好きじゃないですが。。。

 

・里親になるため、募集広告を探してみる

これが意外とありません。

探し方が悪かったのかもしれないですが、全然見つかりませんでした。

それもそのはず、このデジタルな時代にスーパーの掲示板やチラシを当てにしていたんですから。

これじゃあいつまでたっても猫を飼うことは難しいと悩んでいるところで、あるサイトに出会いました。

 

・里親募集のサイトを活用してみる

私は猫好きのためのSNSコミュニティである

ネコジルシhttps://www.neko-jirushi.com/

このサイトを使用してキキと出会いました。

 

・ネコジルシのサイトを使用する

とりあえず、会員登録しました。

 

このサイトでは猫についてのあらゆることが書かれています。

・里親募集

・みんなの猫日記

・なんでもQ&A

・迷い猫掲示板

・ネコ講座

などなど、色んな項目があるので自分が必要としている情報を簡単に調べることができます。

私はここで里親募集の項目から、自分達にあった猫探しを始めました。

 

自分にあった猫を探してみる

猫探しはワクワクです。

猫といってもいろんな種類の猫がいます。

年齢・性別・毛の色・短毛・長毛・性格など

猫によってそれぞれがすべて違います。

 

そんな中でも、私たちは妻が専業主婦ということもあり

せっかくならば子供のころから面倒を見ていきたいと思い

≪子猫≫

これだけを条件に検索しました。

そうすると里親募集の情報が出るわ出るわ。

あれだけ探していた自分は何だったのか・・・こんなにあっさりと見つかるとは。

ここで見つかったのが今のキキです。

 

出てきた情報は

・親は野良猫

・サビ色

・メス(2か月)

・5匹兄弟の末っ子

・耳と尻尾にハゲがあります。

こんな情報が出てきました。

私たちが保護猫を探していたこの時期は子猫の情報は少なかったので、これを逃すとまたいつになるか分からないし

せっかく見つけたなら何かの縁と思い、さっそく募集主へ連絡しました。

 

里親になるには条件がある

募集主の人に連絡をして、やり取りをしていると

里親になるにはいくつか条件があることが分かりました。

・安定した収入があること

・ペットを飼える環境であること

・家族全員の同意があること

・完全室内飼いができること

など色んな条件がありました。

思ってたよりも色々と細かな条件があるのねと思いましたが

ペットを飼うとはこういうことなのだろうと素直に納得しました。

 

ちなみに我が家は結婚と同時にペット可の賃貸に引っ越し

一応私は会社員として働いていて、満場一致(2人)の同意もあり、室内から出すつもりは全くありません。

そんなことで、条件は満たしています。

なので、募集主さんともスムーズなやり取りができました。

はじめてのご対面

こうしてネコジルシのサイトを利用して、保護猫の募集主さんとコンタクトを取り合い

実際に猫の様子を見に行くことになりました。

 

募集主さん曰く

「実際の猫を見ないことには、猫の様子や見た感じはわからないと思うので。」という意見を募集主さんよりいただき

それならば是非会わせてください!と連絡をして日程を調整した結果・・・・

なんと私たち夫婦が入籍する日と重なってしまいました。

 

とはいえ、ここを逃すといけるタイミングが中々ないので

午前中に入籍届を提出しに行き、夕方から猫との対面に行くことに。

家から1時間くらいの距離で、保護主さんのもとへ到着!

玄関をあけると、そこには子猫が5匹待ち構えていました。

 

その子たちがこちら

 

もうみんなすごい可愛かった。

ほんとに天使のような可愛さで、よたよた歩いていたり

びくびくしながらこっちを見ていたり。

度胸のある子は、いの一番ににおいをかぎに来ました。

 

なんでも猫は毛の色でも特徴があるようで

・さび色や三毛猫は♀しかいない。

・黒猫は人懐っこい傾向がある。

・白い猫は若干臆病な傾向にある。

 

そんなことを教えていただいたり、猫の様子を教えてもらい

実際に私たちが引き取ろうとしていたさび色の猫を抱かしてもらいました。

これが、キキと初めて会った瞬間です。

会って抱いたらもうだめです。これはすべての動物でも同じかもしれませんが

その可愛さに心を奪われてしまいます。

私たち夫婦はすっかり心奪われてキキの虜でした。

 

そんな私たちを見て保護主さんは

「よければ今日引き取っていかれますか?」と言ってくれました。

第三者から見れば、よほどキキに惹かれていたのかもしれないです。

その提案に即答で回答し、無事キキを引き取ることができました。

 

 

猫」

家でまったり抱かれるキキ

 

こうして新婚夫婦と1匹の新しい生活が始まりました。

 




 

次回に続く!