【準備編】初めて猫飼うときに用意するもの

【準備編】初めて猫飼うときに用意するもの
Advertisement

 

初めまして。

保護猫だったキキ♀を飼っているトッティーです。

 

初めて猫を飼うときは、何を用意すればいいかわからない時もありますよね。

今ではインターネットや本など、調べれば沢山情報が出てきます。

私もキキを飼うにあたって必要なものは、妻と一緒に用意しました♪

 

今回は初めて猫を飼うときに必要な物のお話しができればと思います。

子猫

 

 

猫は環境の変化に敏感です。

キキも保護主の家から我が家へ来たときは、びくびくしながら家の中を探検していました。

早く新しい環境に慣れてもらうためにもグッズを揃えたり、スペースを整えることが大切です。

 

【必需品】これだけはすぐ揃えること3点!

取り急ぎ、これだけは最低限用意してください。

子猫を迎え入れる初日に必要なものです。

 

【1】トイレ砂&容器

トイレをする猫

猫のトイレは容器に砂を入れて使用するのが一般的です。

容器にも色々種類があり、正直猫が入れてある程度大きめの容器であれば、取り急ぎはなんでも大丈夫だと思います。

キキの場合は保護主さんから砂と容器をもらったので、最初は不要でした。

トイレに関しては、今度色んな種類を紹介できればと思います。



 

【2】餌・餌容器&水容器

食事中の猫

人間もそうですが、猫も生後間もないとミルクが必要です。

ですがペットショップで売られている猫であったり、保護猫でも生後1.5~2か月経っていることが多いです。

そうするとミルクではなく、キャットフードが猫のごはんとなります。

またキャットフードにも子猫用や成猫用などもあり、メーカーも様々です。

まずは買ってみて、食いつきがいいかなど様子を見ましょう。

容器については、安定性や衛生面を考えると陶器やステンレス製,ガラス製の容器がいいかなー。と思います。

我が家は100均で買ったガラス製の容器を使ってます。こだわりがある人はペットショップ等で買うのもいいかもしれませんね♪

 

【3】キャリーケース

猫のキャリーケース

猫を家に連れて帰ってくるときはもちろん、病院に行く時もこれがないと始まりません。

万が一引っ越しや、災害などで移動する場合にも必要です。

猫によってはキャリーケースに入るのを嫌がる子もいます。

そうならない様に、常に部屋の隅にでも置いておくことでキャリーケースに慣れてもらいましょう。

我が家では妻がキャリーケースを持っていたので、保護猫を迎えに行く時にも持っていきました。

家でも常に入り口を開けて置いておくことで、キキは自分でキャリーケースに入ってくれる偉い子になりました♪

 

徐々に揃えていきたいもの5点!

取り急ぎ必要なものが揃ったら、次は生活面を整えてあげましょう。

 

【1】ベッド・クッション

ベットで寝る猫

猫とは寝る子という意味で、猫という説もあるくらいよく寝ます。

ほんとによく寝ます、でも一回当たり寝てる時間は人間よりは短く、寝て起きてを繰り返すイメージですね。

そんな猫にはペット用のベットやクッションを用意してあげましょう。

猫の好きそうな場所(日当りのいい場所・高い場所など)に複数置くことで猫のくつろげる場所が出来上がり♪

最近はシーズンにあったベットが販売されているので、季節に合ったものを用意してあげるのもいいですね。

 

【2】お手入れ用品(爪切り・ブラシなど)

猫 爪

 

猫の爪は出来るだけ切ってあげましょう。

爪が伸びていると、抱っこしたときや引っ掻かれた時などに痛い思いをしなくて済みます。

子猫の時から続けていくことで習慣化し、爪切りに慣れてくれると思います。

また、猫の毛はよく抜けます。

春と秋に換毛期という毛の生え代わりの時期があり、その時はすごいことになります。

洋服は猫の毛だらけになること必須。

そんなことを防ぐ面でも、定期的にブラッシングしてあげるといいでしょう。

慣れてくると気持ちよさそうに、もっともっとと寄ってきます。

キキは爪切りは◎、ブラッシングは△といった感じで、ブラッシングは嫌がります。

 

Advertisement

【3】首輪、名札

猫 リボン

大切なペットが万が一逃げ出したり、災害時に行方不明になったら大変です。

キキがそうなったらと思うと、居ても経ってもいられません。

そんなときの保険として、首輪をつけてあげましょう。

首輪にはペットの名前と飼い主の連絡先を書いておくことで、見つかる可能性がアップします。

また、猫はかくれんぼが大好きです。家の中でも気づいたら足元に居るなんてこともあります。

そんな時に猫のいる場所を確認する意味でも鈴のついた首輪などは有効でしょう。

ちなみにキキは鈴が苦手らしく、何回かチャレンジしましたけど可哀想でやめました。

 

【4】おもちゃ

おもちゃにじゃれる猫

子猫にとって動いているものはすべておもちゃです。

猫じゃらし、ぬいぐるみ、果てまではティッシュですら遊び道具です。

猫の好奇心をそそるおもちゃを集めて、一緒に遊んであげましょう。

じゃれているときの猫は本当に可愛いと思います。

 

【5】爪とぎ器

猫 爪

これは必須です。

猫にとって爪とぎとは、本能の行動です。

野性の場合は爪を使って獲物を捕らえます、そんな爪を砥ぐ行動を防ぐのは不可能です。

ほっておくと家の壁やソファー、畳などいろんな場所でする様になってしまいます。

そこで爪とぎ器を用意してあげましょう。

面白いほど爪とぎ器で爪を砥いでくれます。

 

出来れば用意してあげてほしいもの

上記8点があれば、とりあえず猫を飼う準備は出来たと思います。

なので生活が落ち着いたら用意してあげてほしいものがあります。

ケージ

猫 ゲージ

猫を飼ったら自分で可愛がるのと同じくらい、人に自慢したくもなるかもしれません。

うちの可愛い猫を見て!どう?可愛いでしょう?

でも猫にとって他人は恐怖の存在であることが多いです。

なので猫の居場所兼お部屋という意味でケージを用意してあげてください。

無くても大丈夫ですが、お部屋の掃除をしたり来客が来た際に自分の部屋にいてもらう意味でもあったほうがいいと思います。

病院などで入院となった場合はケージで夜を過ごすことにもなります。

そんな時ケージ慣れていれば猫のストレスが少なくなるかもしれませんね♪

 

まとめ

今回は初めて猫を飼うときに必要なもの8点を挙げてきました。

・トイレ

・餌・餌容器&水容器

・キャリーケース

・ベット・クッション

・お手入れ用品(爪切り・ブラシ)

・首輪・名札

・おもちゃ

・爪とぎ器

 

子猫を迎え入れる際は是非とも参考にしていただければと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

これからも猫についての情報を挙げていければと思うので、応援よろしくお願いします。

 


猫用品・グッズランキング

Advertisement