猫に食べさせてはダメな食べ物!

猫に食べさせてはダメな食べ物!
Advertisement

こんにちはトッティーです。

今回は猫が食べるとキケンな食べ物を紹介していきます。

覚えておいて、片付け忘れたりうっかりあげたりしないように気を付けてください。

万が一猫が食べてしまって、下痢や嘔吐をしてしまったらすぐ動物病院へ連れていきましょう。

 

猫に食べさせてはダメな食べ物

子猫は何事にも興味津々です。

人間の食べ物にも興味を持っていると、”人の食べ物は美味しいもの”と覚えてしまいます。

子猫の時から人間の食べ物は一切上げないことがとても大事です。

 

ネギ類(中毒症状)

ネギ

ネギ類に含まれる成分が血尿や貧血を引き起こします。

ネギ類に含まれるn-プロピルジルスフィドという成分が、猫の赤血球を壊してしまい

貧血や血尿を引き起こしてしまいます。

 

普通は刺激臭があるので、生で食べることはないと思いますが

調理された状態で食べても下痢や嘔吐、血尿などの症状が出てしまいます。

 

 

チョコレート(中毒症状)

ココア

カカオに含まれる成分は、猫にとって非常に危険です。

チョコやココアなどに含まれるテオブロミンが中毒の原因となってしまいます。

中枢神経、心臓や肝臓にも影響を与えてしまい、嘔吐や下痢

頻尿や興奮、痙攣などを引き起こすことにも繋がってしまいます。

最悪の場合は死に至ることもあります。カカオが含まれるお菓子はどれも同じです。

 

 

コーヒー・紅茶・緑茶(中毒症状)

カフェイン

これは飲み物に入っているカフェインにより中毒症状が出てしまいます。

チョコなどに含まれているテオブロミンと同じような症状が出てしまいます。

特に茶葉の状態だとカフェイン濃度が液体よりも高いため、食べてしまうとより危険です。

 

 

アルコール(細胞破壊)

ビール

猫が飲むことはあり得ないとは思いますが、万が一の場合は非常に危険です。

アルコールが猫の体内に入ってしまうと血液中に吸収され、

そこで許容量を超えてしまうと脳や体の細胞を破壊してしまいます。

その結果下痢や嘔吐、呼吸器系にも影響を及ぼしてしまい、ふるえが生じたり

昏睡状態になってしまうこともあります。最悪の場合は死にいたることも。

 

Advertisement

 

エビ・カニ・タコ・イカなど(ビタミンB1欠乏症)

エビ

生!生のエビやタコ、イカやカニ、魚の内臓などはビタミンB1分解酵素を含んでいます。

なので食べてしまうと急激にビタミンB1欠乏症になってしまいます。

猫はビタミンB1の要求量が多いので、欠乏症を起こしやすい原因の一つです。

 

ビタミンB1欠乏症になるとどうなるかと言うと、けいれんなどの神経症状を起こしてしまい

最悪の場合は死にいたることもあります。

ただ、完全に加熱してあれば大丈夫です。しっかりと仲間で火が通っているのを確認してからあげましょう。

 

 

魚や鶏肉の骨、エビの尻尾など(喉に刺さったり、詰まる)

魚の骨

食道や胃腸を傷つける危険があります。これは人間でも経験があるのではないでしょうか?

魚や鳥の骨などは刺さったり詰まらせるなどして、喉や食道、胃腸などを傷つける可能性があります。

美味しい匂いに誘われて盗み食いをしてしまう猫ちゃんがいるようであれば

しっかり蓋つきのごみ箱を用意して、そこに捨てるようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は猫が食べてしまうとキケンな食べ物を紹介してきました。

最低限今回挙げたものを覚えておいて、いざと言うときは飼い猫を助けられるようにしてください。

また基本的に人間の食べ物を猫にあげないというのを徹底してください。

そうすることで長い時間を飼い猫と過ごすことが出来ると思います。

それではまた!

Advertisement